忍者ブログ
AdminWriteComment
Androidアプリケーションの開発を勉強中。
No.
2018/10/23 (Tue) 23:05:12

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.2
2011/05/04 (Wed) 00:37:10

1日に2つも記事を書くなんて多分これっきりだと思う。

最終的にmixiの機能を色々使えるアプリを作りたいのですが、OAuthとかまだあんまりわからない。
なのでまず、自分が買った本に、OAuth認証を使いTwitterからタイムラインを取得するプログラムが掲載されているので、そこから色々学んでいこうと思いました。
ちなみに買った本はこちら→http://www.socym.co.jp/book/4883377571.html

で、プログラムは打ち込んだ。デバッグすると

Request token or token secret not set in server reply.
The service provider you use is probably buggy.

というのがですね。ブロードキャストレシーバーで表示されるっていうね。
1行目は「サーバーのお返事にトークンがセットされてませんよ」って感じでいいんだろうか。
2行目は「あなたの使ってるサービスは多分バグ満載よ☆」って感じでいいんだろうか。
英語嫌い。

一通り本と見比べてみましたが、間違ってるところはない。と思う。

で、買った本の著者の方のページに、似たようなソースが載っていたのでコピペしてデバッグしてみました。
http://www.saturn.dti.ne.jp/~npaka/android/OAuthTwitterEx/index.html
こちらはきちんと実行できました。

ざっと見た感じ、本と違う部分は
・本はリストビューを使っているけど、こっちはテキストビューを使ってる。
・こっちは日時のデータを自動でつぶやく
・取得したタイムラインのデータを変数にいれていない
といった感じでしょうか。まだ細かく見てないので他にもあるかもですが。

とりあえず、こっちを本に近づけるという方向で、問題を解決していこうかと思います。


ちなみに。
try-catchでエラーをキャッチしてブロードキャストレシーバーで表示させる部分がいくつかあり、
問題のエラーはどこでキャッチしてるのか調べてみようとブレークポイントを設定してみたのですがうまく動かない。
ブレークポイントでブレークされなかったり、あとブラウザでtwitter開いて認証許可ボタンを押しても反応しなかったり。
ちゃんとAndroidManifestにはandroid:debuggable="true"を足しているんですが……。
実機でのデバッグだからいけないんだろうかと思いエミュレーターでデバッグしてみたのですが、
今度は「アクセス権限がありませんよ」のエラー。
こっちの問題を追究して、ブレークできるようにする方が早いのかなあ。

とりあえず今日はここまで。

追記:ふと気付いたんですが、エラーが投げられた時に出るブロードキャストレシーバーのメッセージを、投げられたエラーメッセージそのまま表示させるんじゃなくて自分で決めたメッセージ表示させれば、どこでエラーキャッチしてるか分かるんじゃ……
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[06/28 kuvia]
[05/31 柊里緒]
[05/29 NONAME]
最新TB
プロフィール
HN:
柊里緒
性別:
女性
職業:
学生
自己紹介:
使用端末:IS05
この小ささがとても嬉しい。他のスマホ片手で使えません。
PC:Windows7(32ビット版)
最近やや不審な動きをするのが怖い。
備考:VOCALOID大好きです。
twitterやってます twitterやってます。 
カウンター
ブログ内検索
バーコード
P R
忍者ブログ [PR]